2012年11月17日

変換の辞書


英語を学ぼうのトップページにある発音記号変換フォームでは、カーネギーメロン大学が公開している英文読み上げ用辞書を使わせてもらっています。

今日になって、この辞書に新版が出ていることに気づきました。新版が出たのが‥‥2007年。もう5年も前ですね。

しかし変換フォームを作ったのは12年も前。元の辞書からフォームで使っているデータに変換する方法が思い出せません。スクリプト類は残っているしどれもawkやperlなので動かないことはないんですが、さてなにをどういう順序でやるんだったか。メモ書きもあるいはあるんですが自分が書いたメモの解読から始めないと(笑)。

というわけで、手順を思い出して更新するまでの間、類似のサービスをしている別サイトを紹介してお茶をにごしておきます。

PhoTransEdit Online
http://www.photransedit.com/Online/Text2Phonetics.aspx

オンライン版は300字までという制限つきですがIPAに変換してくれます。また、私は試していませんが、ダウンロードして手元で使える版もあるようです。
posted by あおき at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語学習の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも英語を学ぼうの変換フォームがとても便利なのでいつも活用させてもらっています。本当にいいサービスを有難うございます。私も管理人さんにはとても及びませんが英語勉強を頑張っています。
 今、ITの人向けの英語勉強のテクニック本なんかを書いているのですが、英語を学ぼうのサイトのトップページをご紹介したいなとおもっていますが、urlをご紹介させていただいた上で、スクリーンショットとかのせさせていただいてもよろしいでしょうか?
Posted by ushio at 2012年11月28日 00:30
ushiroさんお返事大変遅くなって申し訳ありません。たぶんもう出版済なのではないかと思いますが、もしまだなにかありましたら詳細を manabo@manabo.net の方へご連絡いただければと思います。

なおリンクの紹介につきましてはいつでも歓迎です。許可も不要です。
Posted by あおき at 2013年10月14日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。